東京都板橋区を中心に、多くの終末期の癌の在宅患者を診療し自宅で看取っているやまと診療所。日本では高齢者の単身世帯や要介護認定者が急増しており、2030年には47万人もの方が「死に場所」が定まらない看取り難民になると予測されていいる。そんな日本の抱える社会問題に対し、診療アシスタント(在宅医療PA)の育成こそが切り札になると考え、これから成長する多くの若者に向け、命の現場の大切さを通し、在宅医療PAへと成長をして欲しいと活躍している。そんな、やまと診療所が1月26日カンブリア宮殿にて放送されます。ご興味のある方は是非ご覧ください。

やまと診療所 – イノチの現場 –
 https://vimeo.com/160832162

About the author

Leave a Reply

CAPTCHA