たしかな心と眼

12月のバタバタの中、無理にとってもらったチケットで、東京寺田倉庫のウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニによる「たしかな心と眼」公演に足を運びました。アノーニは改名前のアントニー&ザ・ジョンソンズの頃から美しい声にとても魅了されていたミュージシャン。そんな彼の部分(アントニー)が彼女の部分(アノーニ)として新たな活動を開始。そして暗黒舞踏の大野一雄さんの息子、大野慶人さんとのコラボレーションによるライブパフォーマンス。私にとって大野慶人さんの父、大野一雄さんはとても大きな存在で。今までも、そしてこれからも自分の中に流れる魂の叫びに、初期衝動を与えて続けてくれる存在。舞踏家としても、もちろんのこと裏側の背景(舞踏が詳しいわけではないですが。)存在こそが私にとって尊敬している哲人。生前の大野一雄さんの書籍、言葉にはどれだけ救われたことか。そして、真実を観ること。そして、その真実を観ることを愛すること。真の愛知者になることを教えてもらいました。まさにテオリアの体現者と感じている。そして、暗黒舞踏を通し魂を解き放つ方法を世に現してくれたと感じています。この日のパフォーマンスには「たしかな心と眼」と表題がある。「たしかな」とは「心の眼」とは。非常に人間の本性を暴く題名と感じた。「たしかな」とは、プラトンは「たしかな」への道に必要なことは、魂を夜のような昼から、真の昼へと向きを変えさせることが大切であると言った。暗黒と名付けられる真実の闇を、真たしかな魂を持ってして、闇に光を放つ、そこに本当の「たしかな」が現れるのだと思う。よく私も叩きつけられることがあるが、そのシーンの知識と場に酔っているだけでは決して辿り着くことのできない「たしかな」存在がある。次に、「心の眼」を考えてみる。それは例えば物事、万物の全ては、誕生から終わりまでの流れの中で成立している過程のなかで、我々は日々、花や草木が枯れ落ちてくのをまぢかに見る。そう、全てに終わりがある。そこに絶対、不動はないのだと。しかし、心の眼でものを見た時、永遠の価値は大きく変わる。夜空の星は瞬きをやめはしない。今日の太陽はいぜんとして変わりない今日の太陽のまま繰り返される。眼に見えるいっさいのものを人間はそう見るにすぎない。しかし、ものごとを心の眼で見た時。大きな感覚の変化と、求める姿勢そのことに気がつくことができる。本日のパフォーマンス「たしかな心と眼」。このタイミングでしっかりと見ることができてよかったです。

About the author

Leave a Reply

CAPTCHA