• 大嶋 英幹 (Hideki Oshima)

  • Film Director / Art Director

  • 2009年、鎌倉にて映像とデザインの会社を立ち上げ活動を開始。現在、株式会社アトロ・フィルムズ代表、CM・VPの映像監督、アートディレクターとして活動しながら映画制作を開始。虚構を通し真実を描く芸術表現に魅力を感じ、時間、空間、意識を常に意識したノンリニアな物語構造とフィジカルな表現を探求している。映画監督としては、2016年完成「BAKEMONO –バケモノ」が初作品となる。その後、2018年「ヒノイリの風」を完成。

  • 水口 一 (Hajime Mizuguchi)

  • Graphic designer / Art Director / Painter

  • 2009年より会社を立ち上げるのと同時に、現在も自らが自然の一部であることを感じることができる鎌倉に在住。 独学でグラフィックデザインと絵画を学び、インスピレーションから目に見えるモノへと表現していくことを得意とする。 現時点ではモノクロの世界感から色彩感あふれるものに魅了されるようになり、表現として落とし込めるように実験をしている。また映像では色彩感覚を活かせるカラーグレーディングを担当する。

  • 川上 貴士 (Takashi Kawakami)

  • Editor / Illustrator / Graphic designer

  • 大阪府高槻市生まれ。大学卒業後、映像を軸としたビジュアル制作を学ぶ。名古屋、東京の制作会社で映像編集・モーショングラフィックデザイナーとしてCM・VPをはじめとする様々な映像に携わる傍ら、グラフィックデザイナーとしても業務を担う。20159月よりフリーランスとなりイラストレーターとしても活動をスタート。雑誌「BRUTUS」「UOMO」や、TOMORROWLANDのキービジュアル、商業施設のシーズンビジュアル、企業広告など多数手がける。