TEAM BLUE

2015年に東京都板橋区に開院したやまと診療所。自宅で自分らしく死ねる、そういう世の中をつくる。を理念にこれまで、およそ3000名の患者さんを自宅で看取ってきた。 2030年には約47万人の看取り難民が発生するといわれている日本の社会課題に対し、やまとは質の高い在宅診療サービスを広げることで、最期まで自分らしく生きることができる社会の実現を目指し成長し続けている。 そして2020年春「治す」医療から「支える」医療を実現させた病院「おうちにかえろう。病院」の開院に向けクリエイティブチームを発足。「我々はもっとよくなれる。」を方針に新ブランドTEAM BLUEを掲げる。 一貫したヴィジュアルコミュニケーションによって、本物の医療人を目指すTEAM BLUEのあるべき姿を表現した。

CREDITS //
Creative Director : Hideki Oshima
Art Director : Hajime Mizuguchi
Designer : Hideki Oshima, Hajime Mizuguchi
Photographer : Hiromitu Yasui